2014/11/16 Sun 04:50

ご無沙汰しております!久々の更新だ~!またサボってしまった!

突然ですが、冬コミの情報です!

苗木×霧切アンソロジーを発行予定です。
詳しくは上のバナーよりどうぞ!(告知サイトに飛びます)
素敵な参加者様方と共に、ナエギリ大好き~!って気持ちを込めた素敵なアンソロジーに仕上がる予定です!
ノベルティやサンプル、書店委託など随時更新していく予定なので、
気になる方はチェックして頂けたらな~と思います!私のツイッターでも更新情報を連絡していきます!

大阪から帰ってきてからは、いろいろバタバタしていました~!!
ロンパの舞台やまたイベントやナンジャやらいろいろロンパ充してました!
あと絶望少女もプレイしたのでちゃんと感想描きたいな~と思います!
最近だと、友達とディズニーシーに行ってきたんですが、私ディズニー本当行かなくって、
多分両手で数えきれるくらいしか行ったことないんですが、すごい楽しかったです!
私は絶叫平気な方で、むしろ好きなんですけど、シーの乗り物はどこで落ちるかワカンナイうえに、
演出で真っ暗なまま落ちるとかが結構多くて久々に悲鳴をあげてしまいました!「あ”~~~ギブギブ!!!」(ブス声)
友達がいちいち「ナエギリここでキスする?」とか聞いてくれたので、興奮しました…
そろそろ寒くなって来たのでナエギリが自然に手を繋ぐ季節ですね…ハア…
あと、シーでクリスマスのショーみたいなの見たんですけど、
ミッキーが「さあ!みんな、願い事を!!」って言うから咄嗟に「ナエギリお幸せに!!!!×3」と
カップルに囲まれながらお願いしたら、ミッキーが「その願いはかなうよ!!」って言ってくれて
「ミ”ッ”キ”ィ”ィ”ィ”ィ”ィ”;;;;」と感動しました。神。さすが、神。
そのあとミニーちゃんが「ミッキーはなんてお願いしたの?」って聞いてミッキーが「キミと同じさ!!」って言って
そのあとちょっとためて、「大切な人とクリスマスを過ごせるようにってさ!!」
・・・・・ミ”ッ”キ”ィ”ィ”ィ”ィ”ィ”ィ”ィ”ィ”ィィ”ィ”ィ”ィィ”ィ”ィ”ィィ”ィ”ィ”ィィ”ィ”ィ”ィィ”ィ”ィ”ィ;;;;;;;

ナエギリ、お幸せに!!!!!!

追記から最近見た映画の感想かいてます!ちょびっとだけ
風立ちぬとロボとーちゃん見ました。どっちもDVDで。
ただのだらだら感想です~どっちも感動した

風立ちぬ
うちの上司がめっちゃ好きでして、感動するよ~って言われてたから
原稿中に見たくなくってずっと見る機会なかったんですけど、
案の定滝のように泣きました~~~ウ~~~~~ッ菜穂子~~~~~~~;;;
最初は結構久々のジブリに画面を楽しむ感じでみてたんですけど、
途中から二郎さんがイケメンすぎて目が離せなくって、大人になった菜穂子が可愛くて・・・・・・・・
菜穂子・・・・・・・・菜穂子・・・・・・・・・・・・・・・ジブリのなかでいちばん好きかもしれない・・・
なんかもう健気っていうか強い子だなあ~って思って、本当に菜穂子の行動ひとつひとつに泣かされてました・・
二郎さんと結婚の約束をしてから「あなた!」って呼ぶようになるところすごい可愛くって、
あと抱きしめ方とかキスの仕方とかからいちいち愛しさがあふれてイイナーと思いました。
あと、二郎さんと菜穂子が何も言わないのに、周りの人たちの「あの人たちはね・・・」っていう言葉に
泣かされるところも多かったな~~~すごい飛ぶんですけど、菜穂子が出ていくところで、
「好きな人に綺麗なところだけ見てもらったのね」みたいなこと言うじゃないですか~~~~~
あれが耐えられなかったです~~~…菜穂子かわいい・・・・・・・・・・・・・・・・・
二郎さんと手を繋ぎながら菜穂子が寝るところで、二郎さんがタバコ吸いたいから手を放していい?って聞いたら
「だめ」って言う菜穂子究極にかわいい~~~あ~~~~~~~~~~~・・・・・・・・・・・・
しっとりしてて大人っぽい雰囲気なのに何よりも純粋で透明で美しいものを見ている感覚でした・・・
すごい一生懸命生きたんだな~~いいことですよね・・・見終わった後すごいじんわり染みこみました・・・

ロボとーちゃん
映画館で見てもうこの日を待ってた!!!ってくらいずっとBD発売待ってました・・・!!!
何回見ても感動する作品ですね・・・・・
なんか今回の映画は泣けるんだけど、それだけに重点を置いてないっていうか、
いろいろなものを教えてくれる映画だな~と思います・・・
やっぱり衝撃はロボとーちゃんとヒロシが別物だったっていう事実だと思うんですが、
予告CMや、前半部分を見て誰もがロボとーちゃんをヒロシ本人だと思っていたと思います。
私もそうでしたし、作中の中でそれを知っているのって敵しかいなくって、
ロボとーちゃんすらも自分がただのロボットなんて考えを持っていなくて、
だからそんな展開があるなんて考える事すらしなかったんですよね。
本物のヒロシが帰って来たときについついロボとーちゃんへ気持ちが傾いてしまうのは、
前半でロボとーちゃんが家族や周りに受け入れられるまでの葛藤を見てしまったからですよね。
あと、個人的にやっぱりみさえの存在がすごい大きい映画だったと思います。
5歳くらいの子供ってやっぱり自分のお父さんがロボットになった!って展開夢のようですよね、
だから受け入れるのも簡単かな~って思っちゃうんですけど、みさえが一番消化に時間かかりましたよね。
普通に自分の旦那さんがあんな姿で帰って来たらそりゃそうなるよな~と思う訳です…
だからこそみさえの反応ってすごい共感できてしまって辛かったです…。
最期のシーンに話が飛びますが、ロボとーちゃんがもう壊れてしまっているって分かった時の
怒涛のシーンは涙が止まらないですよね~・・・腕相撲・・・
自分はもう動かなくなるって分かってるのに「お前のとーちゃん強いだろ」って言うロボとーちゃんに
涙がとまりませんでした~~ああ~~~~~~~~~~~
なんかもういろいろ言いたい事はあるんですけど、こんな感じの「えっそうだったの?」って展開は
しんちゃんにしては珍しいな~って思うんですよね…
やっぱり子供目線からするとダイレクトな面白さとか悲しさとかの描写のがいいと思うんですけど、
今回はそういう点から見てもいつもと違うな~って感じがしてすごいよかったです・・・
子どもと大人で泣き所というか、泣いた理由みたいなの違うんじゃないかな~と思います。
しんちゃんがどんだけピーマン嫌いかしってる人からするとピーマン食べるとこもすごいよかったですよね・・・
あんなに意地でも食べなかった子が・・・自ら・・・あんなにたくさん・・・
残さず食べて「ごちそうさま!」って言う行為がロボとーちゃんの回路の奥まで響いたんだな~と思うと、
押し付けるだけがしつけじゃないってこういうことですよね~・・・すごいなあ・・・
言いたい事はいっぱいあるんですけど、やっぱりしんちゃんていいな~と思いました。
あと、レビューとか見て感じたんですけど、「ロボでもとーちゃん」と「ロボ、でもとーちゃん」じゃ
全然意味が違うんですね!すっごいなあーーーー!!!!!!
拍手←押したら喜ぶよ
お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示